治療法

自律神経失調症になった場合、あらゆる治療法があります。自律訓練法などによるセルフコントロールや、薬物療法、指圧やマッサージ等の理学療法もあります。ライフスタイルの見直しで改善することもあります。

Read more...

投薬の種類

自律神経失調症には、症状に合わせていろいろな薬が処方されます。精神安定剤や自律神経失調調整剤、ビタミンやホルモン剤等を投薬していくことが多いようです。睡眠導入剤や漢方も処方されることがあります。

Read more...

食生活の見直し

自律神経失調症の症状を抑えるためには、ビタミンCを多く摂ることでストレス対策になります。ビタミン類は自律神経をコントロールし、症状を和らげる効果があります。また、カルシウムは精神的に安定し、不眠解消の効果があります。

Read more...

症状と原因

自律神経失調症という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
自律神経失調症で出てくる症状は人それぞれです。
疲労やめまい、頭痛や便秘、手足のしびれ、不眠、動悸など様々です。
精神的にも、イライラすることや、不安感や落ち込みを感じ、憂鬱になることが多いようです。
多くの症状が現れますが、検査を行っても特に悪い所が発見されません。
原因も一人ひとり異なり、この症状が出たから病気になっていると断定はできません。
しかしながら、複数の症状がある場合は自律神経が乱れている可能性があります。

自律神経は全身の器官をコントロールしています。
なにかしらの原因で、自律神経のバランスが崩れると全身の機能に影響がでてきます。
さまざまな症状があるので、内科や整形外科等に行き、検査を行って貰う人が多いようです。
自律神経のバランスが崩れている場合は、身体に特に異変はみられません。
元々の体質で自律神経の調節が乱れやすい人や、心理的なストレスで体調を崩すことがあります。

自律神経の原因は、人それぞれことなります。
複雑に原因が絡んでくるので、どれか一つとも言えないようです。
よく言われているのが、生活リズムの乱れや、過度のストレスです。
また、もともと自律神経が過敏な体質や、思春期や更年期、身体が弱っている場合にも自律神経のバランスが崩れやすくなります。
精神的に、気持ちの切り替えができないことや、環境が変わると眠れない等ストレスへの抵抗力が弱い場合も、発症しやすくなります。
女性ホルモンの変化で、症状を発症することもあるようです。

注目の記事


オススメリンク